ワインのつまみ備忘録 ル・ルスティック カマンベール

今回はCF&R社のノルマンディー工場で製造されたカマンベール。パッケージに明確なAOC表記がないのが気になりますが、一応「カマンベール・ド・ノルマンディー」という前提でハナシを進めます。というのも、カマンベールとカマンベール・ド・ノルマンディーはまったく別物のようなんです。

本間るみ子「チーズの悦楽十二カ月」(集英社新書)には、こんなふうに記載されています。

「味は、世界各地のカマンベールとフランスのカマンベール・ド・ノルマンディーでそれほど違うのでしょうか。それが違うのです。日本ではマイルドでクリーミーな、癖のないカマンベールが愛されているため、それに慣れた舌に、もし、初めてカマンベール・ド・ノルマンディーをのせたら、衝撃が走る、といったら少し大げさでしょうか。」

「しかし、賞味期限まで二週間を切り始めた頃からは周囲の白かびに赤茶色が加わり、個性的な香りが強く発せられます。もうちろん中身は十分熟成して柔らかく、クリーミー。コクもグンと深い。」

画像


画像


このル・ルスティック カマンベールを食べたのは賞味期限を少し過ぎてから。冷蔵庫から出してしばらくおいたらこんな状態。外皮はカマンベールそのものですが、内側はとろりと溶け、匂いはウォッシュタイプのよう。

食べてみると・・・ 確かにこれは国産のカマンベールとは別物。こってり濃厚。塩味が強く漬物みたい。このベクトル、僕の好みではないなぁ。

★★★(3点/5点満点)。もっと早く食べるべきだったかもしれません。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 監督

    fabrique en normandie という表記に対してクレームが上がっているようです。
    本物はAOP表記がどこかに必ずあります。
    ちなみにAOPノルマンディだと、成城石井セール価格の3倍くらいします。^^;
    でも、ル・ルスティックのこれは十分美味しいと私は思います。
    2018年07月02日 11:03
  • ヴィーノ

    >監督さん
    そうなんですか。確かに紛らわしい表示ですね。さすがプロ。詳しいですね。チーズも奥が深いですね。
    2018年07月02日 21:57