禁断の果実?

いよいよ写真の在庫が底をつき、禁断の果実に手を出してしまいました。この週末、パソコンの底に眠る古いアーカイブを探索して掘り当てた、2001年のバリ旅行の写真。なんと17年前。

画像


画像


画像


画像


キャノンの「IXY Digital 200」という200万画素のコンパクトカメラ。でも、けっこう見られるものですね。この頃は写真に興味がなく、漫然と撮っていただけですが。「被写体と光が重要で、技術やカメラは二の次」という好例かもしれません。

ブログを始めたのは2008年。今回の探索で新たに見つかったのは2001年~2007年の写真です。さすがに撮影技術もカメラの性能も劣るので厳選は必要ですが、少しは使えそう。

写欲減退により写真繰りが厳しい昨今。もしかすると金脈を掘り当てたかもしれません。




この記事へのコメント

  • 監督

    「被写体と光が重要で、技術やカメラは二の次」、本当ですね。
    あとはセンス?(私に無いもの)^^;
    2018年05月21日 13:41
  • ヴィーノ

    >監督さん
    あとはレタッチで何とかなりますよ。
    2018年05月21日 21:49