紅茶をめぐる冒険

週末、目が覚めて最初にやるのは、紅茶を淹れること。二人分のアールグレイを淹れてベッドに戻り、雑誌をめくりながらいただく。静かで穏やかな時間。

もともとコーヒー党の僕ですが、この習慣で紅茶にも興味が沸いてきました。

以前買ったのは、ディーン&デルーカの「アールグレイ・エクストラリーフ」でした。ベルガモットの香りが強い芳醇なアールグレイ。でもこれ高いんですよね。80gで2,160円ですから1杯81円(1杯3gで計算)。う~ん。

そこで次に選んだのは平塚のららぽーとに出店しているルピシア。ここは割と手ごろで、1杯37円。ただ、ディーン&デルーカに比べると、香りがもの足りない。

先日はイギリス王室御用達のフォートナム&メイソンを買ってみました。価格は1杯52円と、ディーン&デルーカとルピシアの中間ぐらい。でも香りや味はルピシアに近く、よく言えば上品、悪く言えばもの足りない。

画像


画像


画像


東京駅の周辺を歩けば、マリアージュフレール、フォション、TWGといった名品が手に入ります。その前に、近所で手に入るトワイニイングやリプトンも試してみる必要もありそう。紅茶をめぐる冒険は当分続きそうです。



<紅茶をめぐる冒険>

1.フォートナム&メイソン「アールグレイ クラシック」
2.トワイニング「クオリティ・アイリッシュブレックファースト」
3.紀伊国屋「アールグレイ」
4.ルピシア「ダージリンファーストフラッシュ」





この記事へのコメント

  • 監督

    紅茶は一年に数回しか飲みません。
    しいて言えば、リーフの大きなダージリンが好きです。
    2017年11月24日 09:47
  • びわ子

    わたしはストレートなら「ダージリン」が好きで、冬になるとアップルティも飲んだりします。
    でも、ベッドで紅茶が飲めるなんてうらやましい優雅さです。
    猫を飼っていると、「寒いから早く暖房入れろ」とか「腹が減ったからメシ寄こせ」とかで起こされて、休日もなかなか優雅にはいきません
    2017年11月24日 13:46
  • ヴィーノ

    >監督さん
    やっぱり息子さんが淹れてくれたコーヒーが最高ですよね。 紅茶は誰が淹れてもあまり味が変わらないのが残念です・・・
    2017年11月24日 19:39
  • ヴィーノ

    >びわ子さん
    びわ子さんはダージリン派ですか。猫は大人しそうですが、そうでもないんですね。猫を膝に乗せてまったりと紅茶を飲む、なんてシーンを想像しちゃうのですが。
    2017年11月24日 19:42