ワイングラス問題

「台南晶英酒店」のクラブフロアのスタッフに、「日本からワインを持ってきたので、ワイングラスを貸して欲しい」とお願いすると、案の定困った顔をされ、「そういうサービスはありません」と断られてしまいました。

「やっぱりなぁ」というのが率直な感想。むしろ快諾してくれるホテルのほうが少ないですからね。外国語が下手ということもあり、毎回ワイングラスを借りるのに四苦八苦します。面倒なので、部屋に備えつけのコップで済ませてしまうことも少なくない。

今後はあきらめて、ワイングラスを持参しよう。わが家のアクリル製のワイングラスも悪くないけど、もっといい商品がないか探してみよう。近ごろはキャンプやバーベキューでワインを飲む人が増えているから、いいモノが見つかるんじゃないか。

画像


画像

↑わが家のアクリルグラス(左).右はガラス(リーデル)

グラスをお願いしてから15分後。ホテルの部屋の呼び鈴が鳴ったので出てみると、先ほどとは別のスタッフがワイングラスを持ってきてくれました。おぉさすが5つ星。このホテルが好きになった瞬間でした。





この記事へのコメント

  • 監督

    さすが5つ星のクラブフロアですね。
    でも、たいていのホテルにはレストランが併設されているので、ワイングラスぐらい貸してくれても良いんじゃね?と思う監督であります。
    2017年09月29日 11:39
  • ヴィーノ

    >監督さん
    そうなんですよ。部屋でワインを飲む人が少なくて、予期せぬ依頼だったのかもしれませんね。「白ワイン用ですか?赤ワイン用ですか?」と聞いてくれたホテルもありましたが、そういうところは稀ですね。
    2017年09月30日 12:05