野菜を食べるなら

サラダも悪くないけれど、僕はどちらかと言うと加熱調理した野菜のほうが好き。トマトやセロリなどは、火を通した方が断然美味しいと思います。

パプリカもそういう野菜のひとつ。焼き網で真っ黒に焦がして皮をむき、オリーブオイルに漬ける「ペペロナータ」は僕の好物です。

画像


画像


テクスチャーが重要な野菜は、火入れ加減が難しいですね。ちょっと油断すると、焼きすぎ、茹ですぎでクタクタになっちゃう。まぁパプリカはそれでいいのですが、アスパラガスやブロッコリ、サヤインゲンなどは、1分茹ですぎたらアウト。

2013年に行ったラオスの野菜料理は、日本よりもずっと固ゆででした。レストランのミスかと思うほどゴリゴリだったのですが、どの店でも同じように固い。たぶんあれがラオス流なのでしょう。

欧米に比べ固めを好む日本人。その上を行く国があるとは思いませんでした。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • 監督

    素材によってケースバイケースですが、基本的には生の方が好きです。
    でも、アメリカ出張時、ヴュッフェサラダバーのカリフラワーが生だったのには閉口しました。(^^;
    2017年06月21日 09:16
  • かおりん

    野菜は歯ごたえが肝心だと思います。少し硬めの方が味わいがありますね。ブロッコリーは茎も美味しいので茎ごと長く切って茹でます。そういえば私はパスタも硬め、ラーメンも硬めが好みです。うどんは柔らかめの 松山鍋焼きうどん がいいんですけどね
    2017年06月21日 12:50
  • ヴィーノ

    >監督さん
    アメリカではカリフラワーは生でも食べるんですね。けっこう固いですよね。海外に行くと、小さな食習慣の違いに驚きますね。お米=野菜という国もあるようですしね。
    2017年06月21日 19:56
  • ヴィーノ

    >かおりんさん
    僕も野菜は歯ごたえが命だと思っています。日本人は硬め好きが多いですよね。ご飯は柔らかいのが好きなのに。
    2017年06月21日 19:58