沼が多すぎる

radikoの音源を家じゅうに流すことができるようになり、これで「Shangri-La」は完成。幸せな音楽生活を享受しています。と、言いたいところですが、そうは行かないのがオーディオの世界。「もっといい音で聴きたい」という欲求がフツフツと沸きあがり、終わりがありません。

「Shangri-La」を構成するアクティブスピーカーは、オーディオ沼の住人から見たらオモチャに過ぎない。家電の範疇です。せめて左右セパレート型のスピーカーが欲しいなぁ。どうせならアンプを購入して、大きなスピーカーを導入しようか・・・

画像


オーディオもカメラと同様、高価であればあるほど、大型であればあるほどイイという世界。上には上があるので、新しい機器を手に入れても永遠に満足できない・・・

う~ん。やっぱりここで止めておこう。





この記事へのコメント

  • 監督

    アンプと大スピーカーは現在のヴィーノ宅にそぐわない気がします。
    デザインルームからオーディオルームになっちゃいますもん。
    でも、オイラもたまには大きなスピーカーで音楽聴きたい。
    2017年06月19日 10:04
  • ヴィーノ

    >監督さん
    そうなんですよね。音のいいオーディオは、インテリアを乱すんですよね。奥さんには許してもらえないだろうなぁ・・・ でも大きなスピーカー、魅力的ですよね。あ、トムヤムクンのエビ抜きは、エビが苦手だからです。僕、好き嫌いが多いんです。
    2017年06月19日 20:36