都会のキラキラ

初めて東京勤務を経験した30代。仕事が早く終わると、決まって丸の内に立ち寄りました。「いつか手に入れたい」という憧れを胸に、ジョンロブの靴やコンランショップの家具を眺めて帰る。

50歳を迎えようとしている今も、ときどき同じようなコースを歩いていますが、あの頃とはちょっと違う気分。分不相応な高価なモノは、さほど欲しいとは思いません。必要なものはたいてい揃っているしね。

でもこの街を歩くとやっぱり楽しいな。キラキラした都会の魅力で溢れている。このキラキラを吸い込むと、少し気分が良くなります。でもすぐにまた、帰りの電車でゲンナリしますけどね。

画像


画像

(Panasonic LUMIX DMC-LX100)




この記事へのコメント

  • 監督

    プリウスやフィットじゃなくてベントレーが何気に停まってるってのが丸の内らしいですね。
    ミュルザンヌですかね?3,500万円以上しますよ!
    いやいや、お家買いますがな。^^;
    2017年02月06日 12:07
  • ヴィーノ

    >監督さん
    え、このベントレーそんなに高価なんですか。ほんと家が買えますね。いったいどういう人が買うんだろう。堅気では無理な気がします・・・
    2017年02月06日 21:03
  • かおりん

    高いビルにキラキラした街、ファッション雑誌から飛び出したようなお洒落な格好の人々、交差点での歩く速さ…、私にとっては、ザ・都会 です。
    憧れはありますが、私はやはり河川敷の散歩の方がいいなっ
    2017年02月07日 12:19
  • ヴィーノ

    >かおりんさん
    松山はいいトコロですからねぇ。僕も松山のような街に住みたいです。
    2017年02月07日 21:07