朝日のあたる街

1年ぶりに熊本に行ってきました。

市内を川が流れ、お城があり、路面電車が走る。熊本市は、僕の好きな街の条件をすべて満たしています。適度に都会で、それでいて東京とは違う穏やかな時間が流れている。熊本のような地方都市は、とても暮らしやすいのではないでしょうか。

地震の爪痕はそこかしこにあるのでしょう。でも表向きは以前と何も変わりません。久しぶりにお会いしたトマト農家の方々の笑顔も以前のまま。トマトの生産量も昨年とほとんど同じです。

画像

(Panasonic LUMIX DMC-LX100)

関東より西にある九州は、夜明けも夜の訪れも遅い。まるでサマータイムですね。さほど早起きしたわけではありませんが、朝日が街を満たす時間に間に合いました。

仕事が変わり、以前のように頻繁に熊本に来ることはなくなりました。
この景色も見納めかもしれません。



この記事へのコメント

  • トリバン

    川と路面電車。
    確かにそうですね。
    ただ、交通渋滞が酷いと思いませんでしたか?
    2016年08月04日 11:30
  • ヴィーノ

    >トリバンさん
    そういえば、けっこう混んでましたね。
    ただ、クルマを持っていない身なので、
    どの程度だと渋滞が酷いというのか、
    あまり実感がないのが正直なところです。 
    2016年08月05日 12:37
  • かおりん

    熊本は城下町、その点松山ともよく似ています。熊本地震はまだ記憶に鮮明です。
    地理的にも近いし、今回の災害は人ごとではない気がしました。
    地震列島に生まれ育ち、生活をしている私たちは、日本のどこに住んでいてもいつ何時地震の災害に遭うかも知れないと言うことについて、ある意味覚悟をもっていなければいけないのでしょうか。
    2016年08月08日 21:00
  • ヴィーノ

    >かおりんさん
    松山もいい街ですね。
    たしかに日本にいる限り、地震は避けられませんね。
    長いあいだ地震がないのが特別だと思ったほうが
    いいのかもしれませんね。
    2016年08月09日 12:45