充電 -その5 アンダーズ東京

わずか2泊の滞在で2週分のネタを提供してくれたアンダーズもこれで最後です。

この夏、奥さんは父親の看病と仕事で疲労困憊。夏休みは「何もしたくない」という状態。休み数日前に「やっぱり3泊にしよう」「美術館に行こう」と僕が提案しても、まったく相手にされず。結局いつにも増して「なにもしない」滞在になりました。

アンダーズ東京は、そんな僕らにとって良い選択だったようです。

画像


画像


2014年にオープンした国内最新のハイアットは、設備だけでなくコンセプトやデザインも新鮮。日本らしさがあちこちに散りばめられ、部屋には草履のようなスリッパや団扇が置かれていました。聖書の代わりに「北斎漫画」、レストランには盆栽。

ベッドサイドの照明スイッチやアメニティーグッズの意匠も秀逸です。部屋には本当に必要なモノしかなくきわめてシンプル。ジムやプールも洗練されていました。

画像


画像


画像

(Panasonic LUMIX DMC-LX100)

難点は虎ノ門という立地でしょうか。リッツカールトンのある六本木やペニンシュラのある有楽町に比べ街の魅力に欠ける。まぁ前回泊まった汐留よりはマシかな。

それ以外は、設備もサービスも文句なし。またひとつ好きなホテルが増えました。


<充電@アンダーズ東京>
1.充電
2.いつもと違う夏  
3.プール&ブレックファースト
4.プジョーのソルト&ペッパーミル
5.アンダーズ東京





この記事へのコメント

  • 監督

    一枚目、もうお手上げです。
    ここまで愛されてみたいです。^^)
    2016年08月27日 14:28
  • ヴィーノ

    >監督さん
    そ、そうですか?
    では今度監督さんの写真撮りましょうか。 
    2016年08月27日 21:05