ここにも沼が

週末、夜7時。ラジオを消して3台のWi-Fiスピーカーのスイッチを入れると、家中がしっとりと穏やかな音楽に包まれる。僕の大切な時間。

アーティストはいつも同じです。ビルエヴァンス、キースジャレット、ジョアンジルベルト。この小さなスピーカーには、弾き語りやトリオのシンプルな音楽がよく似合います。

画像


というより、こいつに大編成の音楽は無理ですね。先日借りたバーンスタイン指揮の「春の祭典」は聴くに堪えず、途中でやめてしまいました。

Wi-Fi環境が安定しAirPlayは絶好調ですが、やはりこのサイズのスピーカーでは限界があります。もっと大型の音のいいスピーカーが欲しい今日この頃。でも音響機器ってキリがないんですよね・・・

レンズも「沼」だけど、オーディオも「沼」ですね。




この記事へのコメント

  • 監督

    なぜ沼に嵌るのか。
    そこに沼があるからである。
    それゆえ私、極力沼がありそうなところには出かけないことに…。^^;

    ヴィーノさんのきれいなお部屋に大きなスピーカーは似合わないような。
    でも、BOSEの吊り下げ(もちろん色は白)ならなんとかかなぁ。^^)
    2016年06月18日 12:28
  • ヴィーノ

    >監督さん
    そうなんですよ。
    オーディオは大きいほど音がいいのですがインテリアとしては辛い。
    永遠の二律背反ですね。
    確かに壁や天井に設置するのがいいですね。
    沼はどこにもありますよ。
    お気をつけくださいませ。 
    2016年06月18日 17:56