シャツ探しの旅 再び

昨年購入した「形態安定でない」ボタンダウンシャツは、4月の異動とともに戦力外となりました。毎週末、5枚のシャツと5本のパンツにアイロンをかけるとなると、1枚に20分もかかる生地は辛い。

あのとき「形態安定でない」シャツをオーダーしたのは、阪急メンズのシャツ屋が変わり、その手の生地を扱わなくなったから。仕方がないので、東京駅周辺で、「形態安定加工の綿100%生地」を用意しているシャツ屋を探してみました。

でもこれが難しい。新丸ビルや大丸東京でオーダーはできるものの、希望の生地がない。伊勢丹メンズ(新宿)は遠すぎ、丸の内にできた伊勢丹サローネは吊るしだけ。最後にたどり着いたのは、銀座の松屋でした。

画像


できあがったシャツは、デザインも着心地も上々。これまで作ったシャツで最良かもしれません。唯一の誤算は袖が少々短いこと。次は1㎝長くしてもらおう。

「また同じようなシャツを買ったんだね」と、天の声が聞こえてきそうですが・・・  

というわけで、僕のドレスシャツを探す旅は、当面松屋銀座で落ち着きそうです。ブルックスブラザーズから始まったこの旅。できればここで最後にしたいな。




この記事へのコメント

  • 監督

    銀座和幸でフルオーダーすれば、記事から仕立てまで必ず納得の一枚に仕上がります。
    ネックは値段です。^^;
    (仕立券でも貰わない限り無理)
    2016年06月09日 12:56
  • 監督 再び

    今の仕事になってからはユニフォームメーカーの吊るし七分袖オンリーです。
    まったく選ぶ面白みがありません。(ToT)
    2016年06月09日 12:57
  • ヴィーノ

    >監督さん
    そういえば監督さん、銀座和光であつらえていましたね。
    僕も仕立券なしでは予算オーバーですね。 

    マスターの衣装(?)とてもお似合いですよ。
    (お世辞抜きで)
    ユニフォームメーカーのものとは思いませんでした。
    2016年06月09日 21:42