誰も知らない

先月送別会で訪れたダイニング・バーで、片隅に置かれたCDラジカセから、「Getz/Gilberto」が流れていました。

このアルバムは、はたちの頃に出逢い、以来30年間、僕の心の「ベストテン第1位」に君臨し続ける愛聴盤。まるでわが家に居るような気分で聴き入ってしまいました。

周囲にいた同僚たちにそのことを話すと、ただ「へぇ」という反応。誰ひとり、流れてくる美しい音楽に興味がない様子。この場では音楽(少なくともボサノヴァ)は、共通の話題にはならないようです。 



インターネットの普及で、僕らはかつて想像しなかったほど多くの情報を得ることができるようになりました。それは大いに歓迎すべきですが、一方で個人の趣味や興味も多様化して、「共通の話題」がなくなったと感じます。

「誰もが知っている音楽」などもはやなく、それどころか音楽そのものに興味がない人も多い。そういう僕もスポーツに疎く、甲子園の結果も、横綱の名前も知りません。

現代は「多様性」「個性」の時代。もちろん異議はありませんが、一抹の寂しさを覚えるのは、僕が歳をとったからでしょうか。 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • 監督

    うーん、アルバム第一位ねぇ。
    八方美人で多趣味&浮気性(爆)のオイラには選出出来ないような・・・。(^_^;)
    レイラ&アザー・アソーテッド・ラブソングかシンバルズのアンソロジー。
    ジョアン・ジルベルト、良いですね♪
    純粋なボッサ系じゃありませんが、フランソワーズ・アルディは好きです。
    おっと、小野リサも忘れてはいけませんね。
    ・・・、やっぱり一枚は選べそうにありません。(^_^;)
    2016年04月30日 16:17
  • 監督 再び

    あっ、フランソワーズはフレンチポップか⁉
    え~っと、誰だっけなぁ~。(^_^;)
    2016年04月30日 16:45
  • 監督 しつこい

    誰だっけなぁ~(◎_◎;)
    クレモンティーヌも大好き(特にジェレミー聴くと泣きそう)♪
    2016年04月30日 17:08
  • アヒル

    ゲッツ&ジルベルト、いいですよね。VERVEのスタン・ゲッツ&ビル・エヴァンスも好きでした。その先に突き抜けた感のある、ゲッツのThe Dolphinも結構好き。
    多様性の世界だからこそ、共通の話題で語り合える人を見つけたときの喜びは倍増する気がします。
    2016年05月01日 14:29
  • ヴィーノ

    >監督さん
    僕もクレモンティーヌや小野リサは大好きです。
    「心のベストテン第1位」はたくさんあっていいんじゃないですかねぇ。
    音楽はやっぱり素敵ですね。 
    2016年05月01日 16:17
  • ヴィーノ

    >アヒルさん
    そうか。
    「共通の話題がなくて淋しい」と考えるよりも、
    「共通の話題で語り合える人を見つけたときの喜びは倍増する」
    と考えたほうがいいですね。 

    「スタン・ゲッツ&ビル・エヴァンス」は僕も大好きです。
    最近村上春樹の影響で、
    ボサノヴァ以外のゲッツを聴くようになりました。
    「The Dolphin」聴いてみますね。 
    2016年05月01日 16:25
  • トリバン

    遅レス失礼します。
    全く同感です。
    確かに共通の話題が少なくなりましたね。
    逆にそういう輪に入ろうと思うと、ゴルフだったり、TV番組だったり、、、、。
    残念ながらその術を持ち合わせてないので。
    周囲からは、こだわりを持った少し変わった趣味の人って思われてると思います。
    2016年05月03日 16:32
  • ヴィーノ

    >トリバンさん
    トリバンさんがそうなら、
    僕も「少し変わった趣味の人」です。(笑)
    職場に同好の士の存在を求めることが
    無理なのかもしれませんね。 
    2016年05月04日 10:51