香菜の春

3月に入って気温が上がり、ベランダのパクチーがモサモサ(笑)。そして一斉にとう立ち。「春がきた!」とは思うものの、ちょっと早すぎます。

一年草のハーブは春に花を咲かせるものが多いけれど、これほど早いのは初めてです。春になって大量に収穫できたら、「春のパクチー祭り」を開催しようと思っていたのに期待外れでした。 

画像


本来は春に花を咲かせる植物でも、品種改良によってとう立ち(専門用語で「抽苔」といいます)しにくくさせることができます。キャベツやダイコンなどのアブラナ科の野菜はその好例。

でもパクチーは品種改良が進んでいないんですね。春に播種するとすぐに抽苔してしまうし、秋に播種しても春には抽苔してしまう。これでは収穫期間が短すぎます。
何か特別な栽培技術があるのかな・・・ 職場で調べてみることにしよう。 





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • 監督

    パクチー大好き♪
    あ~、パクチーラーメン食いたい!(^^;
    2016年03月18日 01:37
  • ヴィーノ

    >監督さん
    うまそうですねぇパクチーラーメン。
    今後四ツ谷に行くときは、
    とう立ちしたパクチーを持参しましょうか?(笑)
    2016年03月18日 16:17
  • トリバン

    パクチー大嫌い。(^^;;
    アジア圏では苦戦必至でした。
    2016年03月22日 19:47
  • ヴィーノ

    >トリバンさん
    僕も長い間苦手でしたので気持ちはわかります。
    たしかにアジアでは辛いですね。
    アフリカや南米でもけっこう使われるのではないでしょうか。
    欧米は大丈夫ですね。 
    2016年03月22日 22:18