さらばトマト

僕のいまの勤務先は平塚ですが、千葉県内の某所にも700坪ほどの温室があり、ここで様々な品種のトマトを栽培しています。

思えばこの6年間、僕の仕事の半分がトマトの研究・開発。仕事とはいえなかなか楽しく、農業の技術者として幸運だったと感じています。

画像


画像


画像


何より残念なのは、トマトの「現物支給」がなくなること。ふだん新鮮で美味しいトマトを食べていると、スーパーマーケットでトマトを買う気になりません。けっこう高価ですしねえ。

今度の仕事は農業技術に関するWebサイトの運営と情報誌の発行です。「現物支給」は売れ残った情報誌かな。 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

  • 監督

    売れ残った情報誌は喰えない記事しか載ってませんから、まさに食えない・・・。
    ってか、紙は食えない!
    私、最近の夜食は期限切れ間近の食材ばっかです。^^;
    2016年03月26日 14:01
  • ヴィーノ

    >監督さん
    一瞬「美味しいものが食べられていいなぁ」と思いましたが、
    ぜんぶ食べきるのはたいへんそうですね。
    ロスは経営上も良くないでしょうし。 
    2016年03月26日 19:24