冬のベランダ

今季わが家のベランダ菜園で気がかりなのは、はじめて栽培に成功したパクチーが冬を越せるかどうか。タイやベトナムのような温暖地域のハーブだから寒さには弱いはず。もしかすると枯れてしまうかも・・・

そんな予想に反してなんとか生きながらえています。低温で赤褐色になっていますが、枯死する心配はなさそう。ただ葉が固いので美味しくなく、料理には使いにくい。パクチー三昧は気温が上がって新芽が出てからですね。

画像


もうひとつの新入りはフェンネル。ヨーロッパのハーブだけあって耐寒性があり、いまも新芽を伸ばしています。でも昨年育てたディルに比べると草姿が悪いし食味も劣ります。来年はもう一度ディルを作ろう。

「冬が好き」なんて言ってますが、そろそろ寒いのにはうんざりしてきました。気持ちはベランダの植物も同じでしょう。早く春の女神がやってこないかな。 

画像



※「気持玉」の表示をはじめました。記事がお気に召したら「ポチ」お願いします。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 監督

    パセコンならぬパクコン(パクチー・コンカセ)で、料理に彩を与えるのではいかがでしょうか。
    香りがどこまで反映されるかは保証外ですが…。^^;
    2016年02月11日 14:24
  • ヴィーノ

    >監督さん
    コンカセの意味が分からなくて調べちゃいました。
    粗みじんのことなんですね。
    そうですね。
    この状態だとみじん切りか、火を通さないと食べにくいですね。
    もう少しすれば柔らかい芽がわんさか出てくるんですけどね~。
    2016年02月11日 18:35