ながらテレビの愉悦

テレビというメディアは、正直好きではありません。
とるにたらない情報を一方的にたれ流し、それでいて強力。
見始めると止まらなくなる。

でもまぁ、上手に使えば優れた情報源になることは確か。
なにごとも「使いよう」ですからね。

というわけで昨年購入したパナソニックの「プライベート・ビエラ」
効能は期待以上でした。

画像


朝は身支度しながら「めざましテレビ」を見ています。
トイレや洗面所、クローゼットにもこいつを持ちこみます。

夜7時のNHKニュースを録画して、帰宅後に見る習慣ができました。
新聞を読まない僕にとって、着替えたり手を洗ったりしながら入ってくる
30分のニュースは貴重です。

金曜夜の掃除タイムのお供は、杏主演の月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」。
ドラマが面白くて、ときおり掃除の手が止まるのが難点かな。 

朝の時間の有効活用を目論んで買った「プライベート・ビエラ」。
考えていた以上に利用価値がありました。

忙しくてテレビを見る余裕などないと思っていましたが・・・
時間は工夫して作り出すものなんですね。 



この記事へのコメント

  • かおりん

    あらあらヴィーノさんから月9のドラマ情報が聞けるとは思っていませんでした(笑)
    私は子供の頃から両親が共働きだったため、TVが友達のようなものでした(ちょっと寂しいかも)。で、立派な大人になっても変わりませんね。友達ではないですが^^;
    時間は作るものだとはよく言ったもので、その気にさえならば時間は作れるものなんですね。今、私は蕎麦を打ちたくてしょうがありません。先日職場の人からそば粉を1.4kgもいただいて持ち帰ったのですが、平日は仕事で遅くなるので蕎麦打ちどころではないので、週末が楽しみでたまりません。上手く出来上がったらご披露しますね
    2015年03月20日 08:26
  • ヴィーノ

    >かおりんさん
    1.4kgのそば粉!
    たっぷりの蕎麦が食べられますね。 
    僕の義父がそば打ちに凝っていますが、とても難しいようですね。
    成功を祈っています。 
    2015年03月20日 20:02