健康のためぼけすぎに注意しましょう

明るい(速い)レンズを手に入れると、誰もがぼけ中毒を発症します。
先日丸ぼけ依存症について書きましたが、今夜の1枚は丸ぼけ、前ぼけ、後ぼけの合併症です。 
もう少し背景を整理すれば、前ぼけを上手に使った作例になったのに・・・ 

画像

(OM-D E-M5, M.Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro、2013年1月24日、京都府立植物園にて)

ところで「ぼけ」って、英語だということをご存知でしょうか。
「kawaii」などと同様に、「ぼけ」も英語に転用されているようなんです。

よく覗いている4/3 Roumors(ボクのブログタイトルは、このサイトからいただきました)に、
「bokeh」という単語が頻出するので調べてみたら、やはり「ぼけ」のことでした。

ただしこれ、WeblioYahoo 辞書では見つかりますが、見つからない辞書も多いので、
新しい言葉なのか専門用語なのでしょう。

思えば日本は世界一のカメラ大国。
「karaoke」や「bento」が海外で通じるんですから、「bokeh」ぐらい輸出されてもおかしくない。

どうせなら「maru bokeh」、「mae bokeh」はもちろん、「bure」、「camera joshi」など、
みんなまとめて英語にして欲しいなぁ ♪


この記事へのコメント

  • かおりん

    お恥ずかしい話,ここ1~2年視力の低下が著しく,みなさんの顔もPCの文字も書類の文面もみんなボケて見え始めました。辛うじて頭の方はまだのようですが(笑)
    撮影の技法でボケを使うと,奥行きや立体感が感じられますね。ヴィーノさん,どんどんボケて下さいね
    2013年02月27日 12:26
  • びわ子

    先日、朝日新聞の夕刊のコラムで、亡きアイルトン・セナをサーキットで撮影した写真が載っていましたが、その写真も見事な前後玉ボケでした。
    でも、その写真のセナは、玉ボケのおかげで孤独な華がきわだっており、彼がもうすぐ天国に旅立とうとしている感じがよく現れていました。
    玉ボケが被写体の持つ陰影までを写し取った、いい写真でした。ヴィーノさんの玉ボケの昇華を期待しています
    2013年02月27日 21:26
  • ヴィーノ

    >かおりんさん
    そんなに視力が落ちているんですか~?
    でも視界がボケると、醜いものをみなくていいですね。
    と、あちこちカビが生えているわが家の風呂に、
    眼鏡を外してはいる今日この頃です。(笑)

    ボケとハサミは使いよう。
    写真は上手にボケるようがんばります。 
    2013年02月28日 21:21
  • ヴィーノ

    >びわ子さん
    セナ、懐かしいですね。
    亡くなってから、もう20年近くになるんですね・・・
    玉ボケの昇華。
    難しいテーマですが、がんばってみます。 
    2013年02月28日 21:25
  • シャンプーボトル

    そうですよね~。DSC だと世界市場で日本製が80%以上のシェアですものね。(2010年IDCデータ) ボケも英語になるわけですよね。
    2013年03月02日 14:54
  • ヴィーノ

    >シャンプーボトルさん
    今やカメラとレンズは、日本が「世界一」と胸をはれる
    数少ないもののひとつですよね~。
    この地位をいつまでも保って欲しいなぁと、しみじみ思っちゃいます。
    2013年03月02日 19:50