引越し準備

今日、不動産会社と運送会社に電話して、引越し日を1月30日と決めた。
今月いっぱいで解約することをOCNとNTTに告げ、30日に工事を依頼。

冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、机は、
大阪に単身赴任する同僚に、そっくり進呈することにした。
ベッドは、奥さんの実家に送る。

少しずつ引越しの日が近づいてきた。

この頃ボクは、いつもニヤニヤしているらしく、
「そんなに異動が嬉しいんですか?」と、同僚から聞かれる。
「すごく嬉しいよ」と答えると、一様に不思議そうな顔。
研究所への異動というのは、営業最前線の社員たちから見ると、
左遷と映るらしい。

さもありなん。

そんな職場に未練はない。
けれど、いちおう都内の赤羽から、
関東の西のはずれの平塚に引っ越すというのは、
少し淋しい気がする。

赤羽には、しゃれたところは全くなかったけれど、
生活に必要なものはなんでも手に入る便利さがあった。
東京駅まで65分かかる平塚に比べたら、
新宿駅まで15分、東京駅まで25分というは、夢のようだ。
これから都内で飲むときは、終電を気にしなくてはいけない。

そんなことを思いつつ、転勤の準備は淡々と進んでいく。
ずっと待ち望んだ日がもうすぐそこ。
忙しさは増す一方だけれど、ちっとも気にならない。
不安で押しつぶされそうだった2年前とは大違いだな。



この記事へのトラックバック