常識? 非常識?

うちのお客さん、すなわちスーパーマーケットのバイヤーたちは、
ほとんどが会社の電話を利用せず、営業担当のケータイに電話してくる。

一方ボクは、相手が誰であろうと、まずは会社の電話にかけてみる。
不在の場合、やむをえずケータイにかける。

ボクの「常識」では、仕事では机上の電話を利用するべきで、
携帯電話にかけることは慎むべきこと。
今でもそう思っているのだが、この実情を鑑みると、
もしかしてボクの「常識」は、「非常識」なのだろうか。

確かに、机上の電話にかけると、
本人がいなければ誰かが取り次がなくてはいけない。
取り次ぐ者にとっては、直接ケータイにかけてくれたほうが仕事が省ける。

相手の携帯電話が会社から貸与されたものであれば、
わざわざ机上の電話を使う必要もないだろう。
また、お客さんとプライベートでもつきあうような、緊密な関係であれば、
お互いにケータイにかけてもいいと思う。

けれど、ボクのケータイは会社から支給されたものではないし、
プライベートでオツキアイのあるほど親しいお客さんはいない。

ケータイは便利なものだけれど、
こちらが食事していようが、寝ていようが、おかまいなし。
だからボクは携帯電話がキライだ。
キライだからこそ、相手にも気遣いをするべきだと思っている。

この感覚、もう古いのかなぁ・・・

と、先ほどかかってきたバイヤーからの電話で、感じてしまいました。

何が「常識」で、何が「非常識」か。
ムズカシイ問題ですね。











この記事へのトラックバック