送別会

今夜は、7月で会社を定年退職する方の送別会でした。
会社では部長職を、出向先では副社長を勤めた優秀な方。
筑紫哲也さんのような白髪が似合う、ダンディな紳士。

ヤクザみたいなタイプが多いこの業界にあって、
穏やかで優しい人柄は、孤高の存在感を放っていました。

送別会は、彼らしくしっとりした雰囲気。
最後の挨拶も淡々としていて、
派手さはないけれど、人柄が伝わってくるものでした。

60歳で定年退職するとすれば、ボクももうすぐ折返し地点。
仕事や生き方に、ボクらしさが必要なオトシゴロ。

とはいえ、毎日、迷ったり悩んだり、喜んだり悲しんだり。
紳士への道は、まだまだ遠いなぁ・・・





この記事へのトラックバック