一人じゃない夜

八百屋の仕事は、いよいよ年末・年始モードに入ってきた。
仕事のことを思い出したくないので詳しくは書かないけれど、
とくかくトラブルが多く、身を削る思いだ。
まったく、連休をこんなに恨めしく思ったことはない。

そんなボクを憐れんで、昨晩、仕事を終えた奥さんが赤羽に来てくれた。
この部屋で会うのが久しぶりだからか、
3日前に会ったばかりだというのになんだか新鮮。

いつものようにワインを開けて話をする。
このときだけは仕事のことを忘れて、穏やかな気持ちになれる。
薄暗い一人暮らしの部屋に灯がともったようだ。

やっぱり一人より二人のほうがいいよね。
とくに寒い夜は。

疲れた八百屋を癒してくれるのは、
おいしいワイン、そして奥さんかな。



この記事へのトラックバック