2008年、家計の決算

わが家では毎年12月25日に家計の決算をしている。
さすがに棚卸しなどはしませんけどね。

今年はボクの単身赴任のせいで、
家具の購入や家賃などの出費がかさみ、
決算は悪化するだろうと予想していた。

ところが結果は「娯楽費」が激減したおかげで、年間貯蓄額は昨年より15%増。
「娯楽費」は主に旅行にかかるお金。
夏休みのマンダリン・オリエンタルを除けば、今年はどこにも行っていない。
貯蓄が増えてもあまり喜べないなぁ。

さらに悲しい事実が発覚した。
このところの株安、ドル安により、
わずかに保持している投資信託とドルの資産が大幅に目減り。
これを勘案すると、年間貯蓄額は昨年をかなり下回ることになる。

いやはや。
サブプライムローン問題が、こんなカタチで家計に影響してくるとは。

まぁ、わが家の投資信託&ドルはたいした金額ではないので、
この程度の目減りで済んだとも言える。
資産家の方々は、きっとたいへんだろうなぁ。

この不景気、そしてボクの単身赴任、
いったいいつまで続くことやら。


この記事へのトラックバック