カミーユフォルネの時計ベルト

気に入っているカミーユフォルネの時計ベルト。
1977年に作られた古いシチズンの自動巻きのために、
2年前にオーダーしたもの。

画像


画像


革はまだ大丈夫だけれど、「裁ち切り」仕様にした縁の部分が傷んできたので、
新宿伊勢丹メンズ館のカミーユフォルネ直営ショップに同じものをオーダーしてきた。

テジュー(イグアナの革)はワニ革に比べれば安価とはいえ、そこはカミーユフォルネ。
レギュラー品の価格が16800円。
これを細ーいボクの手首にあわせて短くして、
裏側に汗をさえぎるラバーを張ったり、ベルトに厚みをつけたりと、
諸々のオプションをつけたら、30500円にもなってしまった。
前回に比べると、Dバックルの分が安くなってはいるのだが・・・

ううむ。
5千円で手に入れた時計に30500円の革ベルトか・・・

とは思ったものの、2年間の使用で、
オーダーベルトの心地よさを知ってしまった。
笑顔で(苦笑いで?)クレジットカードの明細にサイン。

できあがりはなぁんと来年の2月下旬。
カミーユフォルネは、すべて本国フランス生産なのだとか。

ううむ。
ま、ビスポークとはそういうものか。





この記事へのトラックバック