赤羽 大勝軒○一 再訪

6月26日に行った赤羽の大勝軒○一
正直な感想をラーメン好きの同僚に伝えたところ、
「あのおいしさがわからないようでは、ラーメンを語る資格はありませんね。
 何度か通うとわかるようになりますよ。」
と言われてしまった。

ボクより10歳も年下のS君にそんな言われようをして、
悔しいのと、それもそうだなぁという気持ちと両方あって、
結局大勝軒を再訪することにしました。

画像


頼んだのはこの店の顔、もりそば。

画像


なんだか前回と同じような写真ですね。
でも、ほんとうに今日撮った写真ですよ。

さて再訪の感想はというと・・・

前回と同じでした。

もっちりした太麺、こってりスープ。
好きな人は好きなんだろうけど、ボクにはちょっと重過ぎる。
それに、つけ麺はどうも性に合わない。

S君、もう一回来たらわかるかなぁ?
でも、わからなくてもいいやぁ、ってカンジだよ。
オヤジにはわからないってこと?

ちなみにS君は、醸し屋素郎を教えてくれた人。
てん茂を探したのも彼。
醸し屋素郎とてん茂の感想は、ボクと一致してるんだけどなぁ。


この記事へのトラックバック