ハミルトン・カーキの修理-正式な見積もりが届いた

先日、ハミルトンの腕時計、カーキの入院について書きましたが、
スウォッチ修理センターから正式な「修理料金お見積書」が届きました。

画像


金額は仮見積もりどおり21,105円。
まぁこれは仕方ないのですが、想定外は、
「スイス本社から部品を取り寄せる為、2~4ヶ月位の期間を要します」
という一文。

写真の上のほうにあるように、
「短針夜光取れ、針一式交換。針スイスオーダーとなります。」とのこと。

電話で「夜光塗料が取れかけた針をそのまま使ってください」と言ってみたのですが、
「針から落ちた塗料がムーブメントに入るとまずい」そうで、
どうしても交換しなくてはいけないそうです。

いやはや。

38,850円の腕時計の修理に21,105円かけるモノ好きなボクですから、
4ヶ月待てと言えば待ちますが、
正直なところ「だったら買い換えちゃおうかな」という
気持ちにもなっちゃいますね。

もちろん、まじめに修理しようとするスウォッチグループの姿勢は、
高く評価してますけどね。