4/3日記 Four Thirds Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 晩夏

<<   作成日時 : 2017/08/28 07:01   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

この週末は、義父の一周忌で静岡に帰省。夕方、奥さんと一緒に、彼が遺した5歳の愛娘(柴犬)の散歩に出かけました。

画像


画像


富士山を眺めつつ、広々とした富士川の河川敷を歩く。路傍にはオシロイバナ、サルスベリ、ノウゼンカズラ。まだ暑さを残した太陽が次第に傾いていく。

画像


画像


画像


画像


(Panasonic LUMIX DMC-LX100)

この時期の夕暮れの風景は、荒井由実の「晩夏」を思い出させます。

  ゆく夏に 名残る暑さは
  夕焼けを吸って燃え立つ葉鶏頭
  秋風の心細さは コスモス

富士市は新幹線に乗れば東京から1時間。「田舎」と呼ぶほど田舎ではないけれど、東京とは明らかに違うゆるやかな時間が流れている。こういうところで暮らすのも悪くないかな・・・ まぁでも、たまに来るからいいんだろうな。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ヴィーノさんご夫妻に田舎は似合わない気がします。
私には確実ににあいますので、土地余ってたらください。^^)
監督
2017/08/28 10:51
チャーミングなウインクをありがとう 
今年の暑さは格別ですね。そろそろ涼しくなって欲しいものです。
この時期になると、車で帰宅途中、窓から差し込むトマト色の夕日に、眩しさを感じながら、「9月の蝉時雨」が頭の中に流れるんですよね いくつになっても大人になっても、おばさんになっても(笑)、青春の甘酸っぱい感触を思い出します。 やっぱりユーミン最高。
かおりん
2017/08/28 17:55
>監督さん
僕が農業界の人間だということをお忘れなく(笑)。土地があったら温室を建てて、野菜作りがしたいです。
ヴィーノ
2017/08/28 21:04
>かおりんさん
そうですね。いくつになってもユーミンはいいですね。あのレベルの歌詞を書ける人は、滅多にいませんね。それにしても、動物は撮影が難しいですね〜。ウィンクが撮れたのは幸運でした。
ヴィーノ
2017/08/28 21:10
そちらはまだサルスベリが満開なんですね。当地では既に花は盛りを過ぎてしまいました。
私もかおりんさんと同じく、ユーミン最高だと思うのですが、この季節は「8月の日時計」という曲もいいですね。焼け付くような日差しとその強い影の対比に、往く夏を感じるという素晴らしい陰影のある歌詞です。大人にならないと感じられない季節の移り変わりがお義父さまのご命日に重なる感じですね。
うちの父の命日もちょうどこの時期で、当時、実家の庭ではコスモスが盛りで、アキアカネが乱舞しておりました。過ぎゆく夏の夕暮れの庭を見ながら、父のご遺体にお線香を絶やさずいたことを思い出します。
びわ子
2017/08/31 11:35
>びわ子さん
ユーミンには隠れた名曲がたくさんありますね。僕は聴いていないアルバムが多いので、他のミュージシャンのカバーや、こうやって教えてもらって、名曲を知ることがけっこうあります。びわ子さんの文章から晩夏の情景が浮かんできました。いろいろな記憶が重なる夏の終わりは、どこか物悲しいものですね。
ヴィーノ
2017/09/01 14:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
晩夏 4/3日記 Four Thirds Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる